自衛官人権ホットライン

自衛官の悩み事の相談! 現職・元自衛官を軸に運営されているサイトです。自衛官・家族の悩みごと相談は当ホットラインへ。上官および同僚によるいじめ、しごき、嫌がらせ、不当な退職の強要や退職の制限、その他理不尽な取り扱い・人権侵害、うつ状態など自衛隊員が抱える深刻な問題に経験豊富なスタッフがお応えします。 秘密厳守 ●Eメールshakai.mokoto@gmail.com ●ホットライン相談室 相談無料

●2010年1月1日、以後、ご相談はE:mailだけになりました。緊急では電話相談もしますが、この機関を長期にわたって維持するため、なるべくE:mailの限定でお願いします(意見広告に明記する電話は、現在使用していません)。

●運営は、ボランティア・スタッフで運営しています。寄付を募っています。どうぞよろしくお願いします。

 振込先 郵便振替/00120-7-563854 名義「人権ホットライン」

ikenkokok

■自衛官と家族のみなさんへ 
 ――『米兵・自衛官人権ホットライン』発起人・賛同人・サポーターからの呼びかけ 
  
●この「ホットライン」は一過性ではなく、これからの10~20年を見据えて開設しました。   
 私たちは、自衛官とその家族のみなさんの悩み・不安・訴えに真剣に耳を傾け、一緒になって考え、共に解決の道を探っていきたいと思っています。 
 弁護士の方々にも法律上の協力をいただいている広範な市民運動であり、相談された自衛官とその家族のみなさんの秘密は厳守します。みなさんの生命・人権・生活問題、どのような悩みや訴えでもかまいません、安心してお気軽にご連絡ください。 
 匿名で構いません。相談される方が特定される所属・氏名は言う必要もありませんし、こちらからも聞きません。 
 この「ホットライン」は、一過性のものではありません。今後10~20年の長期的なものとして開設しました。今後10~20年にわたって、自衛官と家族のみなさんの生命・人権・生活の問題に取り組んでいきたいと思っています。 
  
●スタッフには、二〇年近くの自衛隊勤務経験者など、元自衛官がいます。 
 この「ホットライン」は、PKO派兵の時開設された「自衛官110番」の経験を引き継ぎ、より発展、充実させたものとして開設しました。 
 相談に耳を傾けるスタッフには、20年近くにおよぶ自衛隊勤務経験者をはじめ、数名の元自衛官がいます。自衛隊用語や隊内生活の細かなところにも対応できます。安心してみなさんの声をお寄せ下さい。 
 今後の問題として、カウンセラーや精神科医との連携も考え、検討しています。 
 みなさんの心の問題で、専門的なケアが必要であれば対応できるようにしたいと思っています。 

●運営は、ボランティア・スタッフで運営しています。寄付を募っています。どうぞよろしくお願いします。
 振込先 郵便振替/00120-7-563854 名義「人権ホットライン」

●2010年1月1日、以後、ご相談はE:mailだけになりました。緊急では電話相談もしますが、この機関を長期にわたって維持するため、なるべくE:mailの限定でお願いします(意見広告に明記する電話は、現在使用していません)。

http

 
自衛隊そのトランスフォーメーション
―対テロ・ゲリラ・コマンドウ作戦への再編
 











 
小西 誠/著
出版元: 社会批評社  
四六判 240頁 並製
本体1800円+税
ISBN4-916117-70-0 C0036

 注文はこちらで




 
 
 はじめに
 
 本書は、タイトルに『自衛隊そのトランスフォーメーション』と名付けたように、自衛隊の今日の再編・変革の全容を描いたものだ。
 一九九〇年代の終わりから、特に、二〇〇四年の新防衛計画の大綱の制定、二〇〇五年の日米安保再編を契機に、現在、自衛隊は創設以来最大ともいうべき再編に突入している。この自衛隊再編は、新聞などで個々に、部分的には報道されている。しかし、その全容はほとんど見えない。
 本書において解明すべく努めたのは、この自衛隊大再編の全容だ。とりわけ筆者は、新『野外令』などの自衛隊の教範、幹部自衛官の主張を反映した自衛隊内の論文などを手がかりに、それを分析することにした。
 この大再編の中で進行しているのは、対テロ作戦、対ゲリラ・コマンドウ作戦、離島防衛作戦などへの、訓練・部隊の両面での再編成だ。陸上自衛隊では、冷戦時代の戦車・火砲などのおよそ四割を削減して、これらの再編成が動き出している。
 だが、この対テロ作戦、対ゲリラ・コマンドウ作戦などは、どのような目的を持つのか。どんな想定・戦略にもとづくのか。あるいは、北朝鮮脅威論・テロ脅威論とともに、今なぜ、中国脅威論が主張され始めたのか。これらについて、おそらく大半の国民は、大きなとまどいを感じているだろう。本書では、これらの一連のつながりの実態的分析に努めた。
 昨年一〇月、自民党の憲法改定案、日米安保再編報告が提出され、これを契機に日本の「安全保障政策」をめぐる議論が一段と高まっている。ここでは、今後の憲法と自衛隊、憲法と安保の関係をどうするのか、という議論がもっとも重要な論点となる。
 本書を『自衛隊そのトランスフォーメーション』と名付けたのは、自衛隊側からする変革だけでなく、私たち民衆が、主体的に自衛隊をどのように変革していくのか、という意味をも込めている。
 いずれにしても、ここ数年の憲法・自衛隊・安保をめぐる論議には、日本とアジア、世界の命運がかかっており、青年たちを含む国民的議論を高めていくことが非常に重要になるだろう。
本書がこのような国民的議論の始まりに、少しでも役立つことができれば幸いである。
                     二〇〇六年六月一五日
                                                     小西 誠
 
目   次
はじめに 2
第1章 自衛官たちの苦悩 9
  自衛官の家族からのメール 10
  自殺の原因を作り出すのは誰か? 14
  深刻化する自殺の増大 16
  メンタルヘルスの対策の欠陥 19
  ストレスフル化する自衛隊 23
  いじめ・暴力が横行する営内 26
  大再編の中でのストレス 33
  自衛官の犯罪の広がり 37
  軍事オンブズマン制度の導入 40
 
第2章 対テロ・ゲリラ・コマンドウ作戦 43
  国策映画『宣戦布告』 44
  改定された『野外令』 45
  間接侵略事態対処? 49
  「消却」処分を指示する新『野外令』 53
  「ゲリコマ」訓練の開始 55
  対ゲリラ・コマンドウへの部隊再編 58
 
第3章 再始動する治安出動態勢 63
  テロ・ゲリラ・コマンドウへの治安出動 64
  「暴動」対処から「治安侵害勢力」対処へ 66
  九・一一事件と対テロ作戦 70
  在日米軍基地の警護出動 73
  領域警備という新任務 80
  虚構のテロ脅威論 82
  在日イスラムの動向調査 87
 
第4章 南西重視戦略への転換 91
  米海兵隊との離島防衛訓練 92
  新『野外令』の離島防衛作戦 94
  「防衛警備計画」の漏洩? 97
  北方重視から南西重視へ 101
  新大綱下のトランスフォーメーション 107
  戦車など四割減の大再編 113
  緊急投入される中央即応集団 116
  今なぜ中国脅威論か? 119
 
第5章 新安保体制下の自衛隊 125
  アメリカの対中抑止戦略 126
  日米安保再編の「中間報告」 129
  弾道ミサイル防衛態勢 134
  発動される集団的自衛権 138
  発射基地を叩けと公言する制服組 141
  強権的な米軍基地の押しつけ 145
 
第6章 戦時態勢下の自衛隊 147
  確立された有事態勢 148
  国民保護法体制とは 151
  予定される捕虜収容所 156
  軍法会議と軍刑法 161
  殉職自衛官を靖国に? 166
  イラク派兵以後 171
 
第7章 憲法第九条の軍事論的意義 179
  自民党改憲案 180
  「平和基本法」は何をもたらすのか 183
  日本共産党の「自衛隊活用論」 188
  憲法九条の歴史的意義 192
  先進国での戦争の不可能性 194
  少子化社会の中の軍隊 197
  過渡期の自衛隊政策 202
 
関連資料 「防衛力の在り方検討会議」のまとめ 205
     治安出動の際における治安の維持に関する協定 235
 
://www.alpha-net.ne.jp/users2/shakai/top/70-0.htm

このページのトップヘ