自衛官人権ホットライン

自衛官の悩み事の相談! 現職・元自衛官を軸に運営されているサイトです。自衛官・家族の悩みごと相談は当ホットラインへ。上官および同僚によるいじめ、しごき、嫌がらせ、不当な退職の強要や退職の制限、その他理不尽な取り扱い・人権侵害、うつ状態など自衛隊員が抱える深刻な問題に経験豊富なスタッフがお応えします。 秘密厳守 ●Eメールshakai.mokoto@gmail.com ●ホットライン相談室 相談無料

現役海自さま

いただいた携帯へメールをしたのですが、すべてエラーで戻ります。ですから、この掲示板でご連絡します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メールを大変ありがとうございます。
どういう病状かメールだけでは分かりませんが、大事なことはすぐに近くの精神科医で受診するということです。精神科医が見つからなければ「心療内科医」でもかまいません。心療内科医は、大抵の内科にはありますし、内科医は自分で判断できなければ、精神科医を紹介してくれます。
自衛官でも外出・休暇時には、医療保険証は持っているはずですから「急患」として一般の医院を受診することは問題ではありません。
とにかくすぐに受診してください。
また、結果もご連絡下されば、と思います。

自衛官人権ホットライン・小西

国の控訴断念を受けての弁護団声明

2013.4.12 命の雫弁護団 団長 佐藤博文

小野寺防衛大臣は、本日午前の記者会見で、3月29日札幌地裁が原告勝訴の判決を下した陸上自衛隊真駒内基地徒手格闘訓練死事件(平成22年(ワ)第2554号国家賠償請求事件)につき、控訴しないことを発表した。
遺族らは、判決後の4月4日、防衛大臣政務官・左藤章氏に面談し、①国は遺族の苦しみを真摯に受け止め控訴しないこと、②両親及び家族に対して謝罪すること、③再発防止に向けた取り組みを徹底するとともに、危険な徒手格闘訓練を即刻廃止して自衛隊員の人権を保障すること、を要請していた。
 これに対して、防衛大臣が、遺憾の意を表明して控訴断念を発表したことは当然である。
 しかし、両親や家族の心痛を考えるならば、両親及び家族に対する直接の謝罪(上記②)を行うことを強く求める。その中には、遺族の公務災害申請書類の開示請求に対して大部分を非開示にするなど、事故の真相隠蔽行為と取られても止むを得ない対応をしたことなどの弁明と謝罪も含むものである。
また、本件のような事故・事件を二度と起こさないために、上記③の実行を強く求めるものである。特に、本判決が、「旺盛な闘志をもって敵たる相手を殺傷する又は捕獲するための戦闘手段であり、その訓練には本来的に生命身体に対する一定の危険が内在」する徒手格闘訓練に対して、スポ-ツ事故や労災事故と同様の「安全配慮義務」が働くことを認めたことは非常に重要であり、国は、自衛隊員に関する徒手格闘を含む全ての訓練、業務について、自衛隊員の生命・身体の安全に万全を尽くすよう、改めて強く求めるものである。
以上

「命の雫」裁判確定で陸自幕僚長が遺族に謝罪

2013年04月16日

 「命の雫」裁判とは、陸上自衛隊真駒内基地における徒手格闘訓練中に死亡した自衛官・島袋英吉さんの遺族が、国を被告として提起した損害賠償請求事件である。同裁判については去る3月29日、札幌地裁で国に対して約6,500万円の支払いを命ずる判決があり、被告国は控訴せず、一審判決が確定した。

 昨日(4月15日)午後3時ごろ、防衛省から私の議員居室に一通の文書が届けられた。その文書には、「命の雫」裁判が確定したので、(1)賠償金を速やかに支払いができるよう弁護団と調整中、(2)本日夕方メドに陸自幕僚長他がご遺族に対する謝罪に伺う予定、であること等が記されていた。


4月16日付沖縄タイムス(左)と琉球新報

 4月16日付の地元二紙によると、君塚栄治陸上自衛隊幕僚長らが原告遺族宅を訪ね、仏前に焼香し、謝罪したようだ。
 私は、君塚幕僚長らが直接遺族宅を訪ね、謝罪したことは一定評価する。遺族の父・島袋勉さんも「きちんと謝罪してくれたことは良かった。少し肩の荷が下りた気がする」と語っている。(沖縄タイムス
続きを読む

●2010年1月1日、以後、ご相談はE:mailだけになりました。緊急では電話相談もしますが、この機関を長期にわたって維持するため、なるべくE:mailの限定でお願いします(意見広告に明記する電話は、現在使用していません)。

●運営は、ボランティア・スタッフで運営しています。寄付を募っています。どうぞよろしくお願いします。

 振込先 郵便振替/00120-7-563854 名義「人権ホットライン」

ikenkokok

このページのトップヘ