自衛官人権ホットライン

自衛官の悩み事の相談! 現職・元自衛官を軸に運営されているサイトです。自衛官・家族の悩みごと相談は当ホットラインへ。上官および同僚によるいじめ、しごき、嫌がらせ、不当な退職の強要や退職の制限、その他理不尽な取り扱い・人権侵害、うつ状態など自衛隊員が抱える深刻な問題に経験豊富なスタッフがお応えします。 秘密厳守 ●Eメールshakai.mokoto@gmail.com ●ホットライン相談室 相談無料

今年度の自衛隊の殉職者は27人と大増加
 ー防衛省・自衛隊はその死亡原因を明らかにせよ!

 

防衛省は、今年度の「自衛官殉職者」の死亡原因を明らかにすべきだ! というのは、昨年11人、一昨年9人に比べて、今年の殉職者27人というのは異常な増加だ(戦後の統計では一挙に2099人。ちなみに、この殉職者には自殺者は含まれていない)。(写真は2014年度の防衛省追悼式典)

*******************************
政府答弁から

「公務に起因して死亡した自衛隊員数は、平成二十七年三月三十一日現在で、陸上自衛隊員が千二十五人、海上自衛隊員が四百十六人、航空自衛隊員が四百九人及び内部部局等(防衛省に属する機関のうち、陸上自衛隊、海上自衛隊及び航空自衛隊を除く。)に所属する自衛隊員が二十四人である。また、死亡の原因別でお示しすると、「車両事故」が三百五十三人、「航空機事故」が五百八十六人、「演習訓練」が三百九十四人、「艦船事故」が四十一人及び「その他」が五百人である。

 お尋ねの「自衛隊の任務及び訓練等の特性」と自衛隊員の公務に起因する死亡との関係については、自衛隊の任務及び訓練は多種多様であることから、一概にお答えすることは困難である。

 お尋ねの平成二十七年五月十四日の安倍内閣総理大臣の記者会見での発言については、自衛隊発足以来、多くの自衛隊員が任務中に公務に起因して亡くなられているとの事実を踏まえ、自衛隊員はこれまでも危険な任務に当たっているとの認識の下、行ったものである。」
http://www.shugiin.go.jp/…/itdb_…/html/shitsumon/b189246.htm
 

******************************
拙著『自衛隊 この国営ブラック企業―隊内からの辞めたい 死にたいという悲鳴』
第3章「自衛隊は元祖ブラック企業だった」から

訓練・リンチによる死と殉職
 
 最近、マスメディアの中で当たり前のジャーナリズム精神を発揮しているのが、地方紙を除くと東京新聞以外にはなくなっているが、この東京新聞が最近、驚くほどのスクープを発表している(2014年7月6日付)。

 報道によると、自衛官の「教育訓練中」の死亡事故が、「消防士の3倍、警察官の7倍以上」になるという。これを具体的に2004年度から2014年5月までの期間で見ると、自衛官の教育訓練に絡む死亡事故は計62件発生、同じ時期での警察官の死亡事故は9件、消防士は04度から12年度で10件あったという。この年平均の事故件数を、各組織の定員で割った事故率で計算すると、記述のように自衛官の死亡事故数は、消防士の3倍などになるのだ。

 さて、防衛省による教育訓練中の事故の内訳だが、47件が陸自、9件が海自、6件が空自ということだが、この事故原因には大きな問題が潜んでいる。死亡事故には、海自の「潜水訓練中」の事故や空自の「捜索訓練中」の事故という、武装集団である自衛隊に伴う事故も見受けられる。

 ところが、この「教育訓練中」の事故の約半数が、「持続走訓練中」の死亡という驚愕する実態が出ているのだ。例えば、「第5施設団の1等陸尉が持続走訓練中に意識不明となり死亡」(2013年7月30日)などで、「持続走訓練中の意識不明・死亡」が繰り返されている。「持続走」とは、言うまでもないが、持久走、長距離走のことであり、陸自では「武装」しての長距離走が行われている。

 さて、この状況から明らかになるのは、消防や警察に比べて自衛隊の「緊急救命措置」のまったくの不十分性であり、現場指揮官の「医学的知識」の圧倒的不足である。と同時に、筆者の経験からすれば、持続走訓練中に倒れた隊員に対して、救命措置を優先するのではなく、「根性論」で対応しようとする風潮だ。

 「指導」と「パワハラ」の区別が付かないように、自衛隊はここでも「医療的措置」と「厳しい訓練」との区別がつかないのである。つまり、旧日本軍の精神主義に未だに囚われている、それを引き継いでいるということだ。

 ところで、この防衛省の教育訓練中の死亡事故には、海自の「特別警備隊」での「格闘訓練中の死亡事故」も含まれているが、これなど「教育訓練中の死亡」ではなく、暴行による殺人だ。同じ「徒手格闘訓練中」の死亡事故は、陸自でも起きているが(北海道の「命の雫」裁判・遺族の勝訴)、これも暴行による殺人である(後述)。

 こういう暴行による殺人の被害者を、自衛隊が「殉職者」として処置しているかどうか不明だが、自衛隊においては「任務遂行中」の殉職者はきわめて多い。ある意味では、「ブラック企業」さえ遥かに及ばない危険な職場である。

 東京・市ヶ谷台の防衛省内には、メモリアル・ゾーンという区域があり、そこには自衛隊殉職者の慰霊碑が設置されている。毎年の殉職者は、遺族を招いて慰霊祭が執り行われるが、2013年には、9柱(陸5柱・海3柱・防衛医大1柱)の顕彰がなされている。創設以来の自衛隊の殉職者は、1840人(陸1010柱・海402柱・空403柱・その他25柱)である。 この戦後の殉職者数は、年平均にすれば、約27柱ということになる。もっとも多い時期には、1年に約40人前後が殉職していたが、それに比べると最近は少なくなってはいるかもしれない。

 先に、消防士・警察官との、訓練中の死亡事故の比較を行ってきたので、この殉職者の比較も見てみよう。
 警察官の殉職者は、統計で分かる2003年から2006年までには、年に3~5柱、戦後では、計217柱である。消防士は、年によって大きな差異があり、最近では、2008年5柱、2009年7柱、2010年8柱である(戦後の統計は不明)。なお、消防士の殉職は、2004年には23柱で、東日本大震災では、それ以上の殉職者(消防団を含めて)が出ていることはよく知られている。

 これを見ると、もっとも危険な職業は、消防士ということになるが、その消防士でさえ、最近の統計では、自衛隊ほど殉職者はいなくなっている。自衛隊と警察官との比較で言えば、自衛隊は警察官のおおよそ9倍も危険な職業ということになる。しかも、訳の分からない、というよりも、人命軽視で発生する「教育訓練中の死亡」や、暴行による死亡(殺人)が最も多い職場なのである。
 

 自殺者の増大を放置する防衛省
 

『自衛隊 この国営ブラック企業―隊内からの辞めたい 死にたいという悲鳴』
http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-907127-11-4.html

http://news.nifty.com/…/govern…/yomiuri-20151017-50130/1.htm

安倍内閣は、自衛官たちに「再宣誓」を問う覚悟はあるのか?

ー安保=戦争法案の参議院での強行採決が近づく中で、私たちは再び安倍内閣に問いかけます。(修正し再掲します!)
 
2014年7月1日、集団的自衛権関連法案の閣議決定において、「自衛隊法改正案」の一部が示されている。この集団的自衛権関連法案の中で、自衛隊法改定は最も重要なものだ。なぜなら、当事者である自衛官の基本任務が変更されるからだ。しかし、政府はこの改定の内容全てを明らかにしていない。報道では、「自衛隊の任務を改める」「同法第76条防衛出動」などに「他国の武力攻撃」文言を追加する(下の改定案参照)とだけ示されている。
 
*補足追加
2015年国会では、自衛隊の主要任務を定めた自衛隊法第3条「自衛隊は、我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、直接侵略及び間接侵略に対し我が国を防衛することを主 たる任務」とするという基本的規定の「直接侵略及び間接侵略に対し」という最も重要な項目が削除された。つまり、同法第76条「我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生」ということが、自衛隊の主任務として「他国防衛」が追加されたのだ。
 
しかし、私たちは安倍内閣に再び、問う。
安倍内閣は、「他国防衛」という集団的自衛権の行使を行うなら(自衛隊の主たる任務の変更を行うなら)、自衛官たちに必ず「再宣誓」を行え、と。安倍内閣が「再宣誓」を行わないなら、政府は自衛官たちへの契約違反だ!(写真は、海上自衛隊新隊員の入隊時の宣誓式)
 
**********************************************
安倍内閣は、今週中にも安保=戦争法案の参議院での成立決定を行う、としている。この戦後日本の、国際的に評価された平和主義=平和憲法体制を大転換する決定を、私たちは見過ごすことはできない。何よりも、その大転換によって命を賭けさせられる自衛官たちの立場から異議を申し立てたい。(自衛官人権ホットライン・事務局長  小西誠)
 
自衛官の「命を賭ける宣誓義務」
 
自衛官が、他の公務員などともっとも決定的に異なるのは、その任務に「命を賭ける義務」(賭命義務)が課せられていることだ。すなわち、すべての自衛官は、入隊時に以下の「宣誓」を読み上げ、署名・捺印しなければならない(自衛隊法第52条・53条「服務の宣誓」、自衛隊法施行規則第39条)。
 
宣 誓
私は、我が国の平和と独立を守る自衛隊の使命を自覚し、日本国憲法 及び法令を遵守し、一致団結、厳正な規律を保持し、常に徳操を養い、人格を尊重し、心身を鍛え、技能を磨き、政治的活動に関与せず、強い責任感をもつて専心職務の遂行に当たり、事に臨んでは危険を顧みず、身をもつて責務の完遂に務め、もつて国民の負託にこたえることを誓います。
 
これ宣誓は、自衛隊法第3条に基づく「自衛隊の任務」ー「自衛隊は、我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、直接侵略及び間接侵略に対し我が国を防衛することを主たる任務とし、必要に応じ、公共の秩序の維持に当たるものとする」という規定から定められている。
 
つまり、現在、自衛官は、「日本への直接・間接侵略からの防衛のため」にのみ、「賭命義務」のある宣誓をさせられている。言い換えれば、今、安倍内閣が決定しようとしている集団的自衛権行使=「他の同盟国等の防衛」という「主要任務」(本来任務)の追加は、自衛隊法が定める自衛隊の任務ではない。もちろん、これは自衛隊法第3条2項の1号・2号が掲げる「周辺事態」でも「国際社会の平和」でもない。
 
したがって、もしも、安倍内閣が集団的自衛権行使を自衛隊の任務とするなら、安倍内閣は、自衛隊法第3条の自衛隊の任務規定を改定するだけでなく、それに基づく自衛官の「宣誓」を改めて求めるべきである。
だが、安倍内閣には、その覚悟はあるのか?
 
保安隊から自衛隊への改変で「宣誓拒否」した約6300人以上の隊員たち
 
1954年7月1日、自衛隊はこれまでの「治安維持」が任務であった保安隊(←警察予備隊)から自衛隊に大幅に改変するにあたって、「賭命義務」のある「宣誓」を全隊員に求めた。その結果、全国で約6300人の隊員たちが宣誓を拒否し退職した。その内訳は、おおよそ以下のとおりだ(1954年6月23日『毎日新聞』)。

ーー第1管区隊1200人、第3管区隊1400人、第4管区隊1100人、長官直轄部隊1200人、警備隊(現海自50人)、保安大学6人。
同紙によると、宣誓拒否者の多くが「乱闘国会の代議士が決めた自衛隊はいやだ」とか「いまはまだ自衛隊に変わるべきではない」などと、拒否の理由に「軍隊」にひとしい改変に異議を唱えたという。
 
自衛官への「契約違反」としての集団的自衛権による「同盟国などの防衛義務」
 
現在、安倍内閣が強行しようとしている、「集団的自衛権行使」による「同盟国などの防衛」は、明らかに今の自衛隊法が規定する「自衛隊の任務」ではない。

繰り返すが、自衛隊の任務は、あくまで「日本への直接・間接侵略からの防衛」であり、この主任務(本務)を変えて「他国の防衛」を含む任務へ規定を大幅に変更するのなら、当然、それに基づく「国と自衛官との職業上の再契約」をも改めて行うべきである。つまり、「再契約」=「再宣誓」が絶対的条件であるということだ。
 
自衛官たちに「再宣誓」で信を問え!
 
だが、この法律の大幅な改定と並行して、その集団的自衛権行使によって、大きな任務変更を迫られる自衛官たちに、何をどのようにするのか、という説明は一切ない。いわんや「再契約=再宣誓」の提起もなされていない。報道で漏れ伝えられているのは、石破自民幹事長の「軍法会議が必要」だの、「自衛官に300年の懲役刑罰」が必要だのという、おぞましい考えだけだ。

この発言には、自衛官を国民の一員として(一市民として)扱おうという姿勢は、微塵にも見られない。
 
全国的に充満する「死にたい、辞めたい」という声
 
こういう事態の中で、「自衛官人権ホットライン」(事務局長・小西 誠)には、毎日のように、この増強態勢にある自衛隊内での人権侵害事件の多数の相談(上官のパワハラ・いじめなど)が寄せられている。まさに「死にたい、辞めたい」という声が、今隊内には全国的に噴き出しつつある。この凄まじい非道な実態を、自衛隊の高級幹部はおろか、安倍政権はまったく承知・認識もせず、「集団的自衛権行使」という「観念的論議」を唱えている。
 
再び、問う! 安倍内閣よ、自衛官たちに「再宣誓」を問う覚悟はあるか?
 
自衛官人権ホットライン http://gi-heisi.doorblog.jp/archives/27316757.html
ホットライン相談室 http://8701.teacup.com/hotlines/bbs
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(自衛隊の任務) ※「直接侵略及び間接侵略に対し」を削除
第三条 自衛隊は、我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、直接侵略及び間接侵略に対し我が国を防衛することを主 たる任務とし、必要に応じ、公共の秩序の維持に当たるものとする。
 
(防衛出動)
※「存立危機事態」を追加
第七十六条 内閣総理大臣は、次に掲げる事態に際して、我が国を防衛するため必要があると認める場合には、自衛隊の全部又は一部の 出動を命ずることができる。この場合においては、武力攻撃事態等及び存立危機事態における我が国の平和と独立並びに国 及び国民の安全の確保に関する法律(平成十五年法律第七十九号)第九条の定めるところにより、国会の承認を得なければな らない。
一 我が国に対する外部からの武力攻撃が発生した事態又は我が国に対する外部からの武力攻撃が発生する明白な危険が 切迫していると認められるに至つた事態
二 我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び 幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある事態
 
(防衛出動時の武力行使) ※改正なし
第八十八条 第七十六条第一項の規定により出動を命ぜられた自衛隊は、わが国を防衛するため、必要な武力を行使することができる。
2 前項の武力行使に際しては、国際の法規及び慣例によるべき場合にあつてはこれを遵守し、かつ、事態に応じ合理的に必要 と判断される限度をこえてはならないものとする。
 
第八十四条の二(略)第八十四条の二(略)
(在外邦人等の保護措置)
第八十四条の三防衛大臣は、外務大臣から外国における緊急事態 一 該保護措置を行わせることができる。以下略

パワハラで部下追い込み休養与えず 1等陸佐を懲戒処分
2015年8月26日20時11分

[PR]
 陸上幕僚監部(東京都新宿区)は26日、精神的に追い込まれて長期の休養が必要だと診断された部下に休暇を与えず勤務させ続けたなどとして、1等陸佐(44)を停職5日の懲戒処分にしたと発表した。

 陸幕などによると、この1佐は約10人の部下がいたが、昨春の着任後、連日のように「バカ、ボケ」「目障りだ」などとののしったり机をけったりしていた。今年3月と5月、計2人が精神的に治療が必要だと申し出て、うち1人は「1カ月の休養が必要」とする診断書を出したが、1佐はいずれも上司にあたる別の1佐(46)に報告せず、2人に勤務を続けさせていた。

 また、定期的なアンケートで問題を知りながら指導を怠っていたとして、この上司も戒告処分とした。

http://www.asahi.com/articles/ASH8V63LSH8VUTIL02Y.html

お知らせです。

「自衛官人権ホットライン事務局長」として、小西誠が下記の番組でインタビュを受け、出演します。
視聴環境にある方は、ぜひご覧下さい。

********************************
●BS11(衛星放送)の「報道ライブ21」
8月20日(木)2100~2200「(仮)日本の防衛政策」ー最近公表された防衛白書をもとに自衛隊の装備、能力、そして今後のあり方について話し合う予定

http://www.bs11.jp/news/2513/

掲示板「自衛官人権ホットライン相談室」は、従来通り運営していますが、やはり公開された掲示板という関係上、「なりすまし」などがあります。

当ホットラインとしても、本来、窓口は広く開けときたいと思っていますが、具体的なご相談は掲示板上では行っていません。ご相談がある方は、直接、当団体宛にメールをください。

メルアド
shakai.mokoto@gmail.com

自衛官人権ホットライン相談室
http://8701.teacup.com/hotlines/bbs

このページのトップヘ